本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  › 基本情報  › 相模原市観光親善大使  › 相模原市名誉観光親善大使

相模原市名誉観光親善大使

終身名誉観光親善大使

終身名誉観光親善大使
片山右京(かたやまうきょう)さん


片山右京さんは、 日本のレーシングドライバー、元F1ドライバー。
現在は、レース活動以外にも登山家、自転車による日本縦断、
チャリティーイベントの主催、ボランティア活動、レース解説、
テレビ番組出演など各方面で活躍中。

チーム右京オフィシャルサイト(外部リンク)


片山右京氏 2019年就任コメント

終身名誉観光親善大使の片山右京です。
私たちの自転車プロチームはここ相模原市を拠点に活動させて頂いておりますが、
2020東京オリンピック・パラリンピックでは自転車ロードレースが相模原市を通る事が決まりました。
世界の一流選手を間近で見ようと、多くの自転車ファンが詰めかけると思います。
ぜひこれをきっかけに、相模原市の魅力をより多くの人に知って頂いて、もっともっと市が盛り上がっていくと願っていますし、観光親善大使として、そのお手伝いが出来ればと思っています。
これからも宜しくお願い致します。

名誉観光親善大使

名誉観光親善大使
野村邦丸(のむらくにまる)さん


野村邦丸さんは、相模原市在住のラジオパーソナリティー。現在文化放送「くにまるジャパン極」(月~金)「MAX・邦丸Ride on Boat」(毎週日曜日)を担当している。

文化放送くにまるジャパン極オフィシャルサイト(外部リンク)
セントラルミュージックオフィシャルサイト(外部リンク)

野村邦丸氏 就任コメント
文化放送「くにまるジャパン極(きわみ)」パーソナリティー野村邦丸です。
毎週月曜日から金曜日まで朝9時からお昼の1時まで、文化放送で4時間、生放送のワイド番組を担当しています。
今回お話をいただき 相模原市名誉観光親善大使を努めさせていただきます。
ラジオパーソナリティーの活動などを通じて、相模原市のPRにご協力できればと考えております。
私、若い頃は大都会の生活に憧れていました。
30代、40代を経て、50歳を過ぎた頃から、この相模原の住み心地や周りの環境などが自分にもあっていることに気づき、相模原の魅力がどんどんわかるようになっていきました。そして、これからの人生、終の棲家として相模原を選択いたしました。
横浜でもなく湘南でもない、魅力たっぷりの相模原が大好きです。これからも相模原の魅力を伝えていきたいと思います。

名誉観光親善大使
タブレット純(たぶれっとじゅん)さん


タブレット純さんは、相模原市出身の歌手・お笑いタレント。
日本のポピュラー音楽(歌謡曲、GS、フォークなど)に比類なき知識を持つ。”ムード歌謡漫談”という新ジャンルを確立し、テレビ・ラジオ・舞台等に多数出演している。


タブレット純オフィシャルブログ(外部リンク)
トップ・カラーオフィシャルサイト(外部リンク)

タブレット純氏就任コメント
この度は引き続き観光親善大使の名誉に預かり、大変光栄に思っております。都会的な住みやすさと冒険心をかきたてる緑と路地裏をあわせもった相模原市の尽きない魅力を、自分自身も楽しみながらこれからも全国に発信できますよう、また自分もそれに恥じないような日々の活動を心掛けてまいりますので、津久井湖から生まれた男タブレット純を引き続き市民の皆さま、どうぞよろしくお願い申し上げます。