本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  › 自然・文化を観る  › 文化財  › 旧中村家住宅

旧中村家住宅

このページの目次


概要

中村家住宅主屋

 鎌倉大工の石井甚五郎の手による、幕末期の和洋折衷住宅です。
 1階は整形四間取り、西側に式台玄関を設けて、外観は和風のイメージでまとまっています。2階は外壁を海鼠壁(なまこかべ)とし、洋風のイメージとして、軒を曲線の白漆喰で塗りこめ、正面に縦長の窓を配しています。
 着工期間は約10年ほどで、詳細な板図がいまも残されています。
(注)海鼠壁:壁に四角い瓦を斜めに並べ、その継ぎ目を漆喰で盛り上げ白く塗ったもの。

中村家住宅主屋

中村家住宅主屋

基本情報

所在地相模原市南区磯部1734
お問い合わせ相模原市文化財保護課 電話:042-769-8371

地図


より大きな地図で 中村家住宅主屋 を表示