本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  › 自然・文化を観る  › 史跡  › 史跡勝坂遺跡

史跡勝坂遺跡

このページの目次


概要

史跡勝坂遺跡

 縄文時代中期(約5,000年前)の大集落跡であり、国指定史跡です。
 大正15(1926)年、大山柏氏によって発見された土器は、装飾的な文様や顔面把手(がんめんとって)(顔を表現した取っ手)などで注目を浴びました。この「勝坂式土器」は、縄文時代中期の基準となる代表的な土器です。
 また、土器と同時に発見された多くの打製石斧(だせいせきふ)を土を掘る道具と考えて「原始農耕論」が提唱されました。わが国の考古学史上において、大きな意味をもつ遺跡です。

史跡勝坂遺跡

史跡勝坂遺跡

基本情報

所在地相模原市南区磯部1780ほか
お問い合わせ相模原市教育委員会文化財保護課 電話:042-769-8371
交通アクセス
(公共機関)
JR相模線「下溝駅」から徒歩20分。

地図


より大きな地図で 勝坂遺跡 を表示