本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  › 自然・文化を観る  › 史跡  › 史跡田名向原遺跡

史跡田名向原遺跡

このページの目次


概要

史跡田名向原遺跡

後期旧石器時代末(約20,000年前)の遺跡です。建物跡とされる遺構が発見され、現在のところわが国最古の例といわれます。
石器づくりを思わせる石器片と大量の石片が出土しています。また、石槍などは長野県や伊豆、箱根等の黒曜石で作られており、遠隔地との交流を示唆しています。後期旧石器時代の生活の一端が見える遺跡です
2007年3月31日に遺跡公園(史跡田名向原遺跡公園)として開園しました。

基本情報

所在地相模原市中央区田名塩田3-23-11
お問い合わせ相模原市教育委員会文化財保護課 電話:042-769-8371
交通アクセス
(公共機関)
JR相模線「原当麻駅」から「田名バスターミナル」行きバス(当02系統)、「田名向原遺跡」下車すぐ

地図


より大きな地図で 田名向原遺跡 を表示