本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  › 自然・文化を観る  › 史跡  › 川尻石器時代遺跡

川尻石器時代遺跡

このページの目次


概要

川尻石器時代遺跡

 城山にある相模川流域左岸の河岸段丘上に残る、縄文時代中期から後期にかけての集落跡です。
 様々な種類の遺物遺骨とともに、敷石住居、配石遺構、配石墓群などの礫石を多用した遺構もあります。
 23,356.62平方メートルにおよぶ遺跡は、全て国指定史跡として認定されています。

基本情報

所在地相模原市緑区谷ヶ原2-788-2・2-789-1 ほか
お問い合わせ相模原市教育委員会文化財保護課 電話:042-769-8371
交通アクセス
(公共機関)
JR横浜線・相模線、京王線「橋本駅」から「三ヶ木(中野経由)」行きバス(橋01系統)、「久保沢」下車、徒歩10分。

地図


より大きな地図で 川尻石器時代遺跡 を表示