本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  › 自然・文化を観る  › 博物館等  › 相模の大凧センター

相模の大凧センター

このページの目次


概要

相模の大凧センター

 天保年間(1830年から1844年まで)から伝えられている「相模の大凧揚げ」。その凧文化の保存・継承を目的に建設されました。
 展示室では、毎年の相模の大凧まつりの映像を自由に視聴できます。ギャラリーには世界や日本各地域の伝統的な凧が展示されています。工作室はサークルなどの団体利用が可能で、凧づくりだけでなく陶芸・手工芸などの活動もおこなわれています。

相模の大凧センター

相模の大凧センター

基本情報

所在地相模原市南区新戸2268-1
電話番号046-255-1311(れんげの里あらいそ)
ホームページ相模原市ホームページ
利用料金工作室の団体専用利用は有料です。詳しくは相模原市ホームページでご確認ください。
休館日年末年始ほか
※臨時に休館する場合があります
営業時間午前9時から午後6時まで
その他
交通アクセス
(公共機関)
JR相模線「相武台下駅」から徒歩10分。
交通アクセス
(自動車)

地図


より大きな地図で 相模の大凧センター を表示