本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  › 自然・文化を観る  › 自然・風景  › 新堀用水路(烏山用水)

新堀用水路(烏山用水)

このページの目次


概要

新堀用水路

  相模原市水郷田名地区にある「新堀用水路」は、江戸時代末期の安政5年(1858年)に、当時田名村の領主であった烏山藩大久保氏により、久所(ぐぞ)河原の水田開発のため相模川の水を引き入れて作られたもので、地域の水田を潤してきた親しみ深い農業用水路です。
 一時期、農業用水路としての使命が薄れたことから水質の悪化が深刻化した時期もありましたが、地元の「新堀用水路を愛する会」が中心となって再生し、花菖蒲や錦鯉が彩りを添えるこの地域は「農村景観百選」にも入選しました。

新堀用水路

新堀用水路

基本情報

所在地相模原市中央区水郷田名
お問い合わせ相模原市観光協会 電話042-771-3767
ホームページ
利用料金
開業日
営業時間
その他
交通アクセス
(公共機関)
JR横浜線「相模原駅(南口)」から「水郷田名」行きバス、終点下車
交通アクセス
(自動車)