本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  › ピックアップ  › 能楽の舞台が資料館として公開されています。

能楽の舞台が資料館として公開されています。

「能楽」の歴史と文化を、体感してみませんか?

 相模原市内で、45年以上にわたり「能楽」を普及してきた能楽師・松山隆雄さんが、この度、相模大野に構える事務所に併設された「松山能舞台」を資料館として一般公開を始めます。
 多くの方が『能楽』に親しむ場を提供したいという想いから、地元相模原で教室を開催するなどの普及活動に力を入れ、相模女子大学グリーンホールで開催される「さがみはら能」は、今年で20回目の節目を迎えます。


7月から公開する「能楽資料館」では、松山さんが自作された能面や装束なども展示するほか、短い演技の公演も行われる予定です。また、“能楽ショートカットレクチャー”として、すり足や能の舞の体験などを、話を交えながら行います。

 ご興味のある方は、ぜひこの機会にお申し込みください。

【関連リンク】
能楽師・松山隆雄-能の世界
公益財団法人 梅若会

============================================
■開 催 日■
平成29年11月18日(土)19日(日)
平成29年12月8日(土)、9日(日)

※平成30年のスケジュールについては、随時お知らせいたします。(月2、3日程)

■会   場■
松山能舞台(相模原市南区相模大野2-17-7)

■時   間■
午前10時~午後11時 
※1講座につき1時間程度
※5回以上レクチャーに参加した方に、平成30年2月2日開催「第21回 さがみはら能」へご招待いたします。

■参 加 費■
1,000円
※レクチャー代含む

■持 ち 物■
足袋または綿の靴下

■定   員■
各回30名

■応募期間■
平成29年6月1日~平成30年5月31日

■応募方法■
往復はがきで、下記問い合わせ先へお申し込みください。

■問い合わせ■
松山隆雄後援会

〒252-0303
相模原市南区相模大野2-17-7

能舞台の鏡板に描かれた松は、永遠の象徴で、「老松(おいまつ)」と呼ばれています。

般若

童子

若女

神体

老女

松山隆雄先生からのコメント

「能楽資料館」 ~先人の教えに感謝し~
              社会に恩返し

ごいっしょに ゆったり息をしてみませんか。
気を楽に 気楽になりますよ。(腹式呼吸)

ごいっしょに すり足で歩いてみませんか。
能の歩み 足腰、やわらかくなりますよ。

※30名以上で参加希望の場合は、出張レッスンも致します。

チラシは下記からダウンロードできます。


実際に使用する「能面」を手に取りながら、
解かりやすくお話していただけます。


より大きな地図で 松山能舞台 を表示