本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  › 特産を買う、味わう  › お菓子  › 最中(津久井三姫物語)

最中(津久井三姫物語)

このページの目次


概要

最中(津久井三姫物語)

「津久井三姫物語」は、津久井に伝わる美しく悲しい三人の姫(折花姫、櫛川姫、雛鶴姫)にちなんで作られた特産品で、県の「やまなみグッズ」にも選定されています。 三姫をイメージした最中は、鼓の形をした桃色の皮にゆずを入れた白餡、白色の皮に割り栗を入れ練り込んだこし餡、茶色の皮は小豆餡の三種あり、どれも上品な味に仕上がっております。

◆やまなみグッズ
◆津久井観光協会推奨品

基本情報

店名桃月堂製菓舗
所在地相模原市緑区青山287
電話番号042-784-0434
ホームページ桃月堂製菓舗ホームページ(外部リンク)
定休日月曜日
営業時間午前9時から午後8時まで
その他価格、販売状況についてはお問い合わせください。