TOPICS特集

第40回さがみはら観光写真コンテスト

市内の行事、自然景観、都市景観、文化財など、「相模原市」を内外に紹介するのにふさわしい作品を募集し、出品総数225点の中から24点の入賞作品が決定しました!

2020年は多くの行事や祭事が中止となりましたので、身近な題材を撮影した「2020素敵な私のさがみはら」部門を新設しました。

 

 

最優秀賞(1作品)

(1)釣り竿高く

 

【審査委員長講評】
新旧の小倉橋を望む、毎度の大島のビューポイント。ポコポコと流れる雲、釣り人の多い日曜日、釣果がありそうな瀬。

作者は諸条件を計算して臨み、空をたっぷり入れた画面を釣竿が引き締める構図で切り取った。川風と瀬音が感じられる

素晴らしい作品です。題名も良い!

 

 

特選(3作品)

(2)水遊び

 

【審査委員長講評】
洗面器で水掛けあう夏の少年。適度なシャッター速度が捉えた、宙を舞う水の姿が主役になっています。

今回の審査員はみな男性、それぞれが「過の日」を思い出しながら推薦したのではと思うデジャブな光景です。

 

 

 

(3)コロナを避けて楽しむ

 

【審査委員長講評】
昨夏、道志川での静かな光景。息の詰まるようなコロナ禍にあって、ささやかな夏休み、カラフルなテントのディスタンスに、癒されます。

そんな気持ちで撮られた作品だと思いますが、直接的な題名は、もう一工夫。

 

 

 

(4)ダルマのお焚き上げ

 

【審査委員長講評】
上溝商店街の恒例のダルマ市。年頭に商売繁盛・家内安全を願って左目を描き、一年後に成就されたら右目を描いてお焚き上げに・・・・。

低めのアングルで力強く撮ったダルマそれぞれの表情が、顔文字のように面白い。今年のダルマは、どんな表情だったのでしょうか?

 

 

 

部門賞(行事・祭事部門)

(5)元気な子いっぱい

 

 

部門賞(自然景観部門)

(6)茜色に染まる頃

 

 

 

部門賞(都市景観部門)

(7)目にも心にも春色いっぱい

 

 

 

部門賞(文化財その他部門)

(8)該当作品なし

 

 

 

部門賞(2020素敵な私のさがみはら部門)

(9)芝ざくらロードは春の風

 

 

 

入選(15作品)

(10)夕照に映える

 

 

 

(11)冬の蛭ケ岳遠望

 

 

 

(12)春映

 

 

 

(13)バラと大山

 

 

 

(14)流星群の日のキセキ

 

 

 

(15)元旦の行事

 

 

 

(16)秋空に響くホルンの音色

 

 

 

(17)ももの花咲く道 道保川公園

 

 

 

(18)元気な春

 

 

 

(19)どんぐり見つけた

 

 

 

(20)寒中水泳大会

 

 

 

(21)空中散歩

 

 

 

(22)あじさいカップル

 

 

 

(23)月光の道志橋

 

 

 

(24)希望の光

 

 

 

審査員特別賞

(25)素敵なトンネル夢みたい

 

第40回受賞作品一覧

特集一覧をみる