CAFERIDE

サイクリングをしながら相模原の観光を楽しめるコースです。
中級者から上級者まで、多くの方にお楽しみいただけます。

宮ヶ瀬湖

MIDDLE RIDE

距離や獲得標高が比較的高く、カフェライドでは物足りなくなってきた方におすすめのコースです。
相模原の自然が形成する渓谷やプロが実際に使用したフィールドなど、走りごたえは抜群です!

HIGHT LEVEL

サイクリングをしながら相模原の観光を楽しめるコースです。
中級者から上級者まで、多くの方にお楽しみいただけます。

FREELY!
BE
TOUGH!

Created by potrace 1.15, written by Peter Selinger 2001-2017

SAGAMIHARA RIDE!~FREELY! BE TOUGH!~

ENJOY CYCLING IN "SAGAMIHARA" 相模原で楽しむサイクリングと観光

自然多彩なこのエリアは、湖沿い山の合間を縫うアップダウンの道や峠道が充実しているため、自転車乗りの方には是非一度訪れてほしいエリアです。

輪行して普段とは違うエリアをちょっと味わってみたいという方から、ハードな走りごたえのあるコースでトレーニングをしつつ景色を楽しみたい方まで、幅広いレベルの方が満足していただけるように作っています。

ぜひ参考にして、走りに訪れてみてください。

CYCLING & TOURISM "CAFERIDE" カフェライドコース

宮ヶ瀬湖
カフェライド

はじめての相模原!サイクリストの聖地にちょっと足を踏み入れてみるコース

ここは2021年に開催された東京オリンピックの自転車ロードレースのコースの一部「旧小倉橋」をはじめ、宮ヶ瀬湖や津久井湖など相模原の名所が詰まっています。

CHECK DETAIL
カフェライド

はじめてのヒルクライムにも最適。都会には無い坂にチャレンジコース

上り坂(ヒルクライム)と下り坂(ダウンヒル)が特徴のコースです。
メインの「大垂水峠」は峠でありながら傾斜、距離ともに程よく初めての方にもおすすめです!

CHECK DETAIL

CYCLING & TOURISM “MIDDLE RIDE” ミドルライドコース

ミドルライド

相模原の王道をゆく。宮ヶ瀬+道志みちのロードレースレガシー

2021年の東京オリンピックでは正式種目として採用され、「実際にプロスポーツで使用されたフィールド」を肌で感じることができる特別なコースです。

CHECK DETAIL
ミドルライド

Instagramで見覚えアリ?相模原絶景サイクリング

Instagramで見つけた相模原のポイントを中心に作られたコースです。
主要コースではなかなか見ることのできない珍しい景色に出会えるかもしれません。

CHECK DETAIL

CYCLING & TOURISM “HIGH LEVEL” ハイレベルコース

ハイレベル

comming soon!上級者向けコース 其の1

CHECK DETAIL
ハイレベル

comming soon!上級者向けコース 其の2

CHECK DETAIL

公開まで今しばらくお待ちください。

HIGHLIGHT SPOTS IN "SAGAMIHARA" 相模原の見どころをご紹介

ご紹介するサイクリングコースの道中には、相模原市が誇る自然豊かな景観を背景にしたカフェやレジャー施設、温泉など魅力的なスポットが満載です。サイクリングと共に楽しんでいただけるおすすめスポットを相模原市観光協会「いい〜さがみはら」よりいくつかご紹介します。

ぜひ、この機会に相模原の魅力を堪能してください!

小倉橋

小倉橋

東京オリンピック自転車ロードレースのコースとして、世界のトップ選手たちが駆け抜けた舞台です。

相模湖

相模湖

1964年に開催された東京オリンピックの際、カヌー競技会場となった場所です。

パンパティ こむぎのおはなし

パンパティ こむぎのおはなし

相模原ライドの待ち合わせはここで。JR橋本駅から約15分、ライド前の朝食にもおススメのスポットです。

嵐山洞門

嵐山洞門

相模湖畔にある長さ290mの洞門で、インスタ映えスポットとしても注目されています。

サイクリングを楽しむために

身の安全を守る

頭部を保護するヘルメットは必ず装着しましょう。
グローブやサングラスなども着用し、万が一に備えましょう。

交通ルールの遵守

自転車は軽車両に属します。基本は車道の左側を走行しましょう。やむを得ない場合は、車道寄り走行と歩行者優先を心がけましょう。走行が困難な場合は無理せず、降車して歩きましょう。

ながらスマホは違法

自転車運転中のスマホ操作は道路交通法で禁止されています。
ルートや観光スポットの確認は、必ず停車し降車してから行いましょう。イヤホンやヘッドホンを使用しながら運転することも安全運転義務違反に該当します。

周囲に不安や恐怖を与える運転をしないよう心がけましょう。

皆様のご協力をお願いいたします。